Win7のInternet Explorer で Excelファイルを外部起動する方法

Internet Explorer(以下 IE) で Excel ファイルのリンクを選択すると標準では、ブラウザにファイルが表示されます。ブラウザの外に表示するにはどうしたら良いでしょうか。WindowsXP であれば[フォルダオプション]から変更できましたが、Window7 では一筋縄ではいきません。今回は、IE で EXCEL ファイルを外部起動する方法について解説します。

WindowsXP と Windows7 の違い

WindowsXP では[フォルダオプション]→[ファイルの種類]から拡張子単位に細かい設定ができましたが、Windows7 には[ファイルの種類]タブがなくなりました。

代わりに設定画面[関連付けを設定する]が追加されましたが細かい設定はできなくなりました。

設定方法

  1. [regedit]を起動
  2. [Windows]キー + [R]キーで[ファイル名を指定して実行]を起動して、「regedit」と入力し[OK]ボタンを押す。

  3. キーを開く
  4. EXCEL のバージョンによって設定するキーが違います。バージョンとキーの関係は下表の通り。

    EXCEL のバージョン キー
    97 – 2003 HKEY_CLASSES_ROOT/Excel.Sheet.8
    2007 – 2010 HKEY_CLASSES_ROOT/Excel.Sheet.12


  5. BrowserFlags (種類:REG_DWORD)の値を 8 に変更
  6. ※存在しない場合は新規に追加する。

    BrowserFlags の値 動作
    0 ブラウザ内で開く(デフォルト値)
    8 ブラウザ外で開く
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です