パソコンのトラブル対処方法やヒントの紹介

社内SEの猫パンチ

Wordpress

WordPressで作ったブログでブログ村のINポイントが反映されない問題の対応方法

投稿日:

ブログ村のリニューアル後から「ブログ村のINポイントが反映されない」という質問を何度か受けたので、その原因と対応方法を簡単にまとめます。

対応方法はWordpressのブログを対象にしていますが、原因ははてなブログだろうと、アメブロだろうと変わらないので、原因だけでも参考になると思います。

バナーに含まれる「noopener noreferrer」が原因

当初、悪い場所がどこかさっぱり検討がつかなかったので、ブログ村に質問しました。回答は以下のとおりです。

バナーソースの中に含まれている下記文言が影響している可能性も考えられます。
"noopener noreferrer”

INポイントが反映されないブログのバナーを確認してみると、「rel=“noopener”」の文言が見つかりました。

この問題の対応方法は「rel=“noopener”」を削除するだけです。はてなブログやアメブロの場合は、これで解決するはずです。

WordPressでは「rel=“noopener”」が自動で付いてしまう…

しかしWordpressの場合は、簡単ではありません。エディターやウィジェット上で削除したとしても公開記事をみてみると、「rel=“noopener”」が自動で付いてしまうからです。

WordPressでの「noopener noreferrer」の削除方法

「noopener noreferrer」を削除するためには、Wordpressのテーマをカスタマイズする必要があります。

テーマをカスタマイズする方法は、子テーマのfunction.php に以下のコードを貼りつけるだけです。

本文用のカスタマイズ

サイドバーのウィジェット用カスタマイズ

ブログ村の良し悪し

ブログ村で大きなカテゴリに参加して記事を投稿すれば、多くの読者を運んできてくれます。そのカテゴリでランキング上位になれば集客効果は絶大です。

しかし今回のように対応してしまうと、あなたのファンである読者のフィッシング詐欺のリスクが高まってしまいます。

「noopener noreferrer」の自動付加は、Wordpress4.7.4から実装されました。これは世の中を賑わしているフィッシング詐欺の対策のためです。詳しくは下記のブログを参照ください。

target=“_blank”を使った脆弱性Tabnabbingとその対策 | 69log

技術者よりの話で分かりづらいのですが、「noopener noreferrer」を外してしまうと、フィッシングサイトに接続させてしまうリスクがあります。

ブログ村はリニューアルしたばかりなのですが、以前から運営者の考え方やシステムの作りがどこか古いところがあるので仕方ないのかもしれません。

ブロガーの交流の場、読者の集客力の場としては、一流のサービスだけに惜しいです。ブログ村の良し悪しと言いましょうかね。

ではでは。

-Wordpress
-

Copyright© 社内SEの猫パンチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.